リアルに想定して

こんにちは。


今回の授業ではストーカー被害者の警護を実際担当することになった場合を想定して、

どんな打ち合わせをするのか?を考えました。

ストーカー警護を想定して

警護対象者(守られる人)、依頼者との打ち合わせは、警護を実施する上でとても重要な活動の一つです。


学生にストーカー被害者の親御さんから依頼が来た場合の事例を配って、自分だったらどういうことを聞くか、重点は何か等を発表してもらいました。


政治家や企業の社長の警護とは異なり、ストーカー・DVの警護は加害者が特定されている場合が多いので事前に加害者の情報を取得し、より具体的な対策を立てます。

また警護対象者がどのような警護を希望しているのかも把握することによってはじめて万全な警護が実施できます。

最新記事

すべて表示

GWの休校について

こんにちは。 本学院のGW休校期間をお知らせ致します。 期間:4月29日(木)~5月5日(水) 休校期間中のお問い合せや入学説明会参加お申込み等は、メールにて受付けております。 但し、返信につきましては、休み明け順次対応致しますので何卒ご了承お願い致します。

入学説明会のお知らせ

こんにちは。 本学院では入学説明会を開催しております。 4月25日(日)午後1時~開催 身辺警護の進路についてや仕事内容、学院で学べることなどなど… 入学説明会に参加されると分かります! 人のためになる仕事をしたい方、危機管理等の仕事に興味ある方、是非ご参加下さい。 入学説明会参加お申込み ※コロナウイルス感染拡大防止のため、参加される方にはマスク着用、入口にて体温測定と手指の消毒をお願い致します