相撲の警護にて

こんにちは。


アメリカのトランプ大統領が来日し、安倍総理と大相撲観戦したこと覚えていますでしょうか?


今回はその大相撲観戦での身辺警護官(SP)の解説をしたいと思います。


まず、内閣総理大臣賞の表彰式にて

画像参照:日本相撲協会

土俵の端にいらっしゃるスーツの方が総理担当のSP(青まる)です。担当SPは基本的には国内外を問わず総理の行くところ常に同行し警護しています。


次に、アメリカ合衆国大統領杯の表彰式にて

画像参照:日刊スポーツ

総理担当SPの隣にいらっしゃる方が、今回のアメリカ大統領警護担当警護官のSP(赤まる)です。


あれ?

シークレット・サービス(SS)は土俵に上がらないの?


なんて思われた方もいらっしゃると思います。


日本での警護の場合、アメリカのSSではなく日本のSPが基本大統領の身辺警護を行います。

もっときちんと説明すると、

「日本の地では日本の身辺警護官が主体となって大統領をお守りする」

ということです。


もちろんアメリカのSSも警護活動は行いますが、あの両国国技館でトランプ大統領と共に土俵上に上がるということ(警戒位置)が身辺警護の世界では誰(どこ)が主体となって警護しているのかを物語っているのです。



さて、次は大阪でG20が開催します。

今回の両国国技館では、身辺警護ではありませんが大勢の民間警備の方々も警護に従事されていました。

G20でも警察だけでなく、民間の警備会社も出動します。

今や大規模警護の成功は、警察警備だけで成し遂げることは不可能となっています。


今年と来年は大規模なイベント等が日本で行われ、警護・警備は官民問わず引き続き大変です!