郊外授業

こんにちは。


先日、学院生は東京ビッグサイトにて行われた「テロ対策特殊特殊装備展」の見学に行ってきました。

この催しは毎年行われておりますが、誰でも入場できるというものではありません。事前に申請し許可を受けた人しか入れません。いわば実務者向けの展示会です。

現職の警察官・自衛官・消防官・警備業者はもちろん、各省庁の関係者も来場していました。


ちなみに同時開催の「危機管理産業展」はどなたでも入場できます。

テロ対策展

今年はラグビーのワールドカップ・来年は東京オリンピックなどが開催されるので、官民問わず警備・警護の仕事が例年になく忙しくなります。特に民間警備は人手が足りないくらいです!



会場内の写真はNGなので、入り口のみの写真を掲載。

テロ対策展の見学

警護警備の仕事に携わるならば、最新のセキュリティーについて理解することは必須です。

最新記事

すべて表示

こんにちは。 ドクターXという人気医療系ドラマをご存知ですか? 主人公の女性外科医「大門 未知子」の活躍を描く作品ですが、ドラマ内に出てきたあるセリフが身辺警護にも共通すると思い紹介いたします。 そのセリフがこちら↓ 外科医の手術力は最初のトレーニングで決まる。 どれほどの熱意を持って手術を学ぶか。 どれほどうまい外科医の手術を見るか。 川の水が流れるように基本手技を反復し、美しい最終術野を作る。