top of page

こんにちは。


Twitter(現X)買収など何かと話題の起業家「イーロン・マスク」さんが、9年ぶりに来日しているそうですね。

本学では、国内外の身辺警護の動画を題材に、思ったこと・感じたことなどをフリートークしたり、それら警護活動の検証考察を行ったりする授業もあります。


丁度先日、イーロン・マスクさんの身辺警護についても授業で取り上げました。

イーロン・マスクさんの身辺警護は民間のボディガードが就いています。

動画は、建物から車に乗り込み出発するまでですが、警護員の位置取り・警戒の仕方・目線・車両乗車と出発時の警護など、気になる点がいくつも挙がりました。

イーロンマスクの警護を観る

以前から「日本の警護は海外と比べると劣っている」というような声を聞きます。

さらに安倍元総理、岸田総理の警護失敗事案が続き、その声がより大きくなっているところではありますが、現実は一般の方が思っているほど日本の要人警護は悪くない、というのが本物のプロの身辺警護従事者間での評価と感じています。


どうも日本人が抱いている、「海外=警護すごい!」 という感覚は、海外の警護員の体格からくるところが大きいようです。

本学の過去のブログでも触れていますが、体が大きいだけでは人を護れません。腕力が強いだけでも駄目です。


そもそも警護はいくつかの活動に分類されており、こと「身辺警護」に関してのやり方、考え方は万国共通です。

海外でも警護の失敗はいくつも起きているにもかかわらず、何となくのイメージで日本の警護は…と言われてしまっているのが現実。


今回動画を通して、本当に海外の身辺警護は凄いのか?日本と違いがあるのか?と考えた時、結論は結局のところ国内外かかわらず、やはり人を直接護る責任重大な仕事に就く警護員は、しっかり警護というものを学んでその職に就かなければならないと感じました。


残念ながら授業で取り上げた動画のイーロン・マスクさんのボディガードは、十分な訓練を受けていないと推察できる警護活動でした。

こんにちは。


本学は、在学中に実際の警護現場に身辺警護員として出動する機会を設けております。

その際は、提携している身辺警護専門会社に警護員登録を行って実施しています(これを行わないと法令違反となります)。


実際の警護現場なので、写真の撮影は難しいのですが(保秘義務の関係上)、一部掲載可能の写真を載せます。

警護実施

ライブの主催者であり演者の方の身辺警護を行った写真です(コロナウイルスの関係が有り、感染防止、安全面の対策を十分行い実施されました)。

スーツ姿で立って警戒しているのが本学の学生です。

本学のカリキュラムの一環として出動していますが、ここは紛れもない本当の身辺警護現場です。

当然、学生も本物の身辺警護員として挑んでいただきました。

身辺警護

実際の現場で今まで学んだことがちゃんと活かせたのか…心構えはしっかりしていたか…


失敗が許されないのが警護現場です。だからこそ在学中にこのような経験をすることによって日々の訓練の大切さや意味を実感していただければと思います。

こんにちは。


学院で使用している警護の教本についてご紹介です。


こちら、元SP(警視庁警備部警護課)の講師協力のもと作成した学院オリジナルの教本。

他書では記載されていない内容が盛り沢山!

警護の教本

こちらは教本Ⅰ、警護の基礎中の基礎が分かり易く解説されています。

警護員としての身だしなみ等も記載しております。

身辺警護のテキスト

身辺警護の教育

すみません…内容は公開できないので、ぼかしを入れてます。


この教本と座学の授業で警護の知識をしっかり会得します。

bottom of page