こんにちは。

『警護と警備はどう違うのですか?』というご質問を受けましたので、今日はちょっとそのお話をします。

警護と警備の違い

「警護」と「警備」の言葉(漢字)の意味は国語辞典によると、

警護〜人・物などについて事故を防ぐため、警戒して守ること。

警備〜変事に備えて警戒し、防備すること。

と説明されていますが、本学では「警護と警備の関係」についてご説明させていただきます。


「警護」と「警備」は違うのではなく

「警備」の中に「警護」がある


のです。つまり警備というものを細分化すると、その一つが警護ということです。

警備の中には、ガードマン・万引きGメン・交通誘導など複数の仕事がありますが、警護も警備の中にある仕事の一形態です。

警備と警護の関係

警護をさらに細分化すると、その一つに身辺警護があります。

身辺警護とは、いわゆるボディガードのようなもので、主に警護対象者の直近で守っている警護員を指しています。


警察の警護で例えると、総理大臣が○○駅前で演説する際、総理の直近で守っている警護員(警視庁SP)が身辺警護員であり、○○駅前で聴衆の警戒をしている所轄の警察署や機動隊の警護員は行先地警護員となります。

この場合、現場にいる警察官は全員が総理の警護を行っているのですが、それぞれ役割が違うため警護を細分化した場合には上記のように分けられます。


民間警備業では警護のことを4号警護と言わず、4号警備と言います。

警備業で4号は警護の意味です。以前NHKで「4号警備」というタイトルの警護のドラマもありました。

また民間では、業として勝手に警備(もちろん警護も含みます)を行う行為は法令違反となるので注意してください。


ちなみに警察内では、

皇族をお守りする活動を「警衛」

政治家等の要人を守る活動を「警護」

としています。

警衛警備、警護警備というような言い方をよくします。



こんにちは。


後期の授業が昨日から始まってます!

本学では、一年を前期(4月〜9月)と後期(10月〜3月)と二期に分けています。


初日には、間もなくスタートする「インターンシップ」と実際の警護現場へ出動する「警護実務修習」について学院長とオンラインでミーティングを行いました。

オンラインで授業

「警護実務修習」は、実際に困っていたり・不安であったり・心配している方々の元での警護活動ですので失敗は許されません。

よい緊張感の中でも、強さと優しさを兼ね備えた警護員として思いっきり活躍してきて下さい!


本学は、9月16日(木)~9月20日(月)まで休校と致します。

休校期間中のお問い合せ、願書請求等につきましては、メールにて受付けております。

但し、返信、発送に関しましては、休み明け順次対応致しますので何卒ご了承お願い致します。