こんにちは。


いきなりですが、身辺警護員(SP・ボディーガード)の仕事服といえばどんなものを思い浮かびますか?

多分、多くの方がビシッとしたダークスーツというイメージを持っているのでは無いでしょうか。


実は警護の仕事も身だしなみにはすごく注意しているのです!襲撃者を見つけるのと同じくらい(笑)


今回はそんな警護員の身だしなみの中でも足元に注目してみました!


スーツに合わせるのはピカピカに磨いてある革靴!

学生が警護の時に履いている革靴をパシャリ

どんなに長時間歩きっぱなしでも、全速力する時でも、警護員は革靴使用です。


身だしなみがしっかりしていないとその仕事の威厳が無くなりますので、すごく大切なことですよね。

それは営業職やサービス業なども一緒ではないでしょうか。


普段スニーカーが多い学生でも、警護用に靴磨きセットを持参している方がいらっしゃいます。

学生の私物の靴磨きセットを拝借

警護現場に出るときは土や泥などがついてないように!



【おまけ】

身だしなみとは少し違いますが…

以前、警護のスーツについてプチ情報をブログで紹介しました。

こちらも是非ご覧ください↓

警護スーツプチ情報


こんにちは。


おうち時間が多い今、警護のドラマを観てみませんか?

人を護る仕事「身辺警護」が題材の連続ドラマをご紹介します!


一つ目

SP 警視庁警備部警護課第四係

岡田准一さんが主演。

警視庁SPが主のドラマで、岡田さん演じるSPの主人公とその仲間達がテロリストと戦う姿を描いた作品です。

岡田さん演じる主人公のSPは特殊能力を持っています。それは幼い頃のとある出来事が原因になっていて…

主人公の岡田さんも格好いいですが、脇を固める堤真一さん達も素敵です!

こちらのドラマは、身辺警護という仕事を初めて聞いたという方にも見やすいのではないでしょうか。

ちなみにドラマ完結ではなく、映画にも続いている作品です。



二つ目

BG~身辺警護人~

木村拓哉さんが主演。

こちらは民間のBG(ボディーガード)が主となるドラマです。

警視庁SPの警護とは異なり武器も権限も無い民間のBGですが、護る人の範囲は民間の方が広いのです。だからこそ、いろいろな立場や意見を持った警護対象者(護られる人)との人間関係が繰り広げられます。

そんな中でも身辺警護の仕事を最後までやり抜く木村拓哉さん演じる主人公の姿に考えさせられるものはあると思います。

こちらは警護だけでなく人間模様も描かれているので、少し大人な警護ドラマという感じです。

ちなみに、第1章、第2章と分かれており、第1章は会社所属のBGとして、第2章はフリーランスのBGとして身辺警護を行っております。



三つ目

4号警備

窪田正孝さんと北村一輝さんダブル主演で、こちらも民間の警護が主です。

窪田さん演じる若く熱い警護員と北村さん演じる大人で何事も慎重派な警護員のコンビがさまざまな出来事に葛藤しながらお互いを信頼し合い警護の仕事に従事していきます。

こちらのドラマは1話完結で放送時間が30分の作りになっております。

窪田さんと北村さんのコンビにも注目ですが、警備会社の経営に関する考え方なども描かれていて短い時間ながらもリアルなドラマになっております。


以上です。

連続ドラマなので、時間がある際はイッキ見できるかもです。

こんにちは。


今回は、警護授業についてのご紹介です。


本学では身辺警護を習得するため、下記の順序で授業を行っております。

まず、警護活動の土台となる正しい基本知識と基本動作はとても重要です。

車を使った身辺警護訓練
車両警護

徒歩警護
徒歩時の警護

基本を習得したら、警護を行うにあたって綿密な計画を立てます。

隙の無い警護を実施するために計画などの準備は必須です!

警護計画会議

警護の基本、計画の立て方、作り方を習得したら、本当の現場を想定した警護を実施!となります。

警護の訓練
警護実習

すごく簡単な説明になってしまいましたが、本学の警護の授業はざっくりとこのような形となっております。


本学の全体の授業内容については、HPのカリキュラムに掲載しておりますので、是非ご覧ください。