安倍元総理警護検証

本日、警察庁が「令和4年7月8日に奈良市内において実施された安倍 晋三元内閣総理大臣に係る警護についての検証及び警 護の見直しに関する報告書」を公表しました。

安倍元総理警護検証

これを受けてまたテレビ報道されるのでしょう。事件直後は「警護の専門家」という立場で事件を解説されていた方々がおりました。


何をもって専門家と表現するのか、これは紹介する側のメディアによる判断になるのでしょうが、私の知る限り、例えば警護専門家として警視庁の警護課で勤務した経験のある者はだれ一人として出演していなかったと記憶しています。

私も取材は、とりわけテレビはお断りいたしました。その理由はこちらを一読ください。

中にはSAT経験者を警護の専門家と紹介していたものもありましたが、SAT隊員は警護について一般の警察官と大した変りはない知識のはずです。案の定「?」が多い解説だったと記憶しています。


この度公表された検証結果は、あくまで警察内部検証の結果です。公表していない(できない)部分も多々あるはずですが、検証に対する検証は、例えば民間でも優れた警護知識を持っている方も存在していますので、メディアの都合による警護専門家ではなく、少なくとも警護そのものの部分についての解説なりコメントなりはちゃんと警護を知っている方からの発信を期待したいと思います。

欲を言えば、これまでの検証も警察組織以外の警護専門家も入れて行えればより建設的なものになったのだろうと思います。


本学においても検証結果が公表された以上、気づいた点はこのホームページ内にて発していきたいと思います。


副学院長 伊藤隆太

最新記事

すべて表示

こんにちは。 ドクターXという人気医療系ドラマをご存知ですか? 主人公の女性外科医「大門 未知子」の活躍を描く作品ですが、ドラマ内に出てきたあるセリフが身辺警護にも共通すると思い紹介いたします。 そのセリフがこちら↓ 外科医の手術力は最初のトレーニングで決まる。 どれほどの熱意を持って手術を学ぶか。 どれほどうまい外科医の手術を見るか。 川の水が流れるように基本手技を反復し、美しい最終術野を作る。