検索

SPとSS

こんにちは。


今回は、SP(警視庁警備部警護課)SS(アメリカ合衆国大統領警護隊)についてご紹介します。


SP

SPは、日本のセキュリティーポリスの略で、警視庁(東京都の警察)の警備部警護課の警察官です。 SPが守る方々は、総理大臣をはじめ各国務大臣や国賓など法律等で定められている方を警護します。

画像参照:産経WEST

SS

SSは、シークレットサービスの略で、アメリカ合衆国大統領等の護衛隊です。 SSはSPと違って、警察の組織ではありません。 国土安全保障省の管轄下に置かれていますが、実質は大統領等を守る為の独立した組織です。 大統領の他に、大統領の家族も警護の対象になっております。 また、大統領を警護するため必要となる捜査・調査も行いますし、制服部隊もあり、日本のSPが数百人であるのに対してSSは数千人の大所帯です。

画像参照:ロイター

しかし、アメリカのSSも日本のSP警護のやり方や考え方は同じです。 とあるテレビ番組にて、SSの方のインタビューがありましたが、 「私たちの任務は戦うことではなく、大統領を避難させること」 とおっしゃっていました。


ちなみに、アメリカと日本だけでなく、他の国々の身辺警護部隊のやり方も共通しています。

「国によって警護のやり方は違う」という情報は、警護対象者の最直近において行われている身辺警護ではなく、それ以外の警護(身辺警護の外周等で行われている警護活動)という意味であれば正解です。身辺警護以外の警護は、それぞれのお国事情によって多少異なります。


本学は、SPやSSのように警護対象者の最直近で行う身辺警護を学びます!!

最新記事

すべて表示

11月入学説明会のお知らせ

こんにちは。 11月の入学説明会のお知らせです。 ・11月14日(土)午後1時~ 説明会に参加すると、 ・授業内容について ・身辺警護の教育の必要性について ・身辺警護の進路について ・入学について などが分かります。 身辺警護はまだまだ広く認知されていない職業なので、実際の仕事内容や警察・民間の警護の違い等も詳しく説明しております。 将来、本気で人を護る仕事に就きたいと希望している方は、是非ご参