top of page
home1
DSCN1455①_edited.jpg

​日本警護のリーダーを育てる!

―​国内唯一の警護専門教育―

​国内唯一 警護を2年間 

​本気で学ぶ!

「人の掛け替えのないもの」をお守りする身辺警護の仕事をするには専門教育を受けることは大変重要です。

本学は日本で唯一の警護専門学院として、基礎から高度な実践的警護はもちろん、警護の仕事に必要な教養知識までを誰もが身につけられる場です。

​本学の特長

  1. 国内身辺警護教育の最高峰
  2. 警視庁SP経験者から直接警護を学ぶ
  3. 少人数制によるきめ細やかな授業
  4. ​在学時から本物の警護現場へ出動
  5. ​就職にとても強い
警護専門教育の身辺警護SP学院

​警護スキルを持っているからこそ

​即戦力として期待される 

身辺警護は人の生命・身体・財産などを直接護る責任重大な専門性の高い仕事です。

しかし、身辺警護員を高いレベルで養成できるのは国内では警視庁警備部警護課(SP)しかありませんでした。

​本学では身辺警護の仕事を志す方に向け、その道のスペシャリストであるSPと同等の警護スキルが身につく授業をご提供しています。

特に民間警護(ボディーガード)では、警護員の人材育成に大きな課題を抱えているため、本学の卒業生は大きな期待を寄せられています。

DSCN1098_edited.jpg

学院のこと、警護のこと、進路のことなどが分かる!

お気軽にご参加ください。

身辺警護の現況と教育の重要性
警護の現況と教育
都会のビジネスマン

​入社→教育よりも教育→入社

民間警護の会社では、「入社後にイチから警護を教えます!」と警護員募集を行っているところもありますが、そもそも高い警護スキルが教える側にない以上、このようなセリフを信じるのは非常に危険です。​

警護の失敗は、人の生命に直結する場合があるからこそ、本来は専門教育をしっかりと受けた者が行う仕事でなければなりません。

​できる警護員が不足している

民間警護の依頼は大企業の経営者から問題を抱えている一般の方まで幅広く入ります。

しかし依頼が入っても結局警護員が育たないため、依頼を断っている会社も存在します。事実、依頼相談件数の半分以上をお断りせざるを得ない状況の会社も実在しているのです。

「日本で身辺警護の仕事なんてない」と思っている人は、このような環境もあることを知らないだけなのです。

​日本で身辺警護ができる人はごく少数

日本で身辺警護の仕事をしているのは警察と民間のボディーガードです。

しかし身辺警護のスキルを持ち合せ、高いレベルで警護活動が出来ているのはSPと呼ばれる警視庁警備部警護課の警護員のみというのが現実です。

​その大きな原因は「警護教育の中身」に問題があります。

​警護員の育成も難しい状況

本物の身辺警護員を輩出できない理由は、ひとえに“指導者”にあります。

​特に民間警護界にいる指導者の多くは、十分な警護スキルを持っていないという事実があるのです。

そのような指導者の元では、警護員の育成は到底期待できません。​

​警護の仕事は危険…?
​対象者も警護員自身も命を失わないために教育は大切

警護スキルを身に付けるということは、警護対象者を護るためであるのは当然ですが、警護員も最後まで仕事を全うするために絶対必要という側面も併せ持っているのです。

​オンライン講義+スクーリングによる実技実習の融合教育!

公式ブログの最新記事
  • Twitter Social Icon

アメブロにて、アンオフィシャルブログも行っています♪

学院以外のことを自由気ままにゆる~く発信しています。

ノート
  • 本サイトに掲載されているあらゆる内容の無許可転載・転用を禁止します。

  • 本学の個人情報保護方針について

bottom of page