警護計画書

こんにちは。


今回は、警護を行うに当たっての準備の1つでもある「警護計画書」をご紹介です。


警護を実施する際、対象者(守られる方)が行く予定の場所を事前に調査し、警護計画(計画書を作成)を立案します。

このような調査を「実査」と言います。


警護計画は、警護を実施する際に対象者の安全を確保するうえで、大変重要なものです。

計画書の作成ポイントは複数ありますが、結局は「見やすく、分かりやすい」ものでなければなりません。


そして、警護計画書を見れば、それを作成した警護員の警護理解度がよく分かります。


写真は学生が作成した警護計画書です。

身辺警護計画書
警護計画書

警護計画書は基本パソコンで作成することが多く、パソコンが苦手な方は大変です。

でも慣れれば誰でも作成できます。



最新記事

すべて表示

こんにちは。 ドクターXという人気医療系ドラマをご存知ですか? 主人公の女性外科医「大門 未知子」の活躍を描く作品ですが、ドラマ内に出てきたあるセリフが身辺警護にも共通すると思い紹介いたします。 そのセリフがこちら↓ 外科医の手術力は最初のトレーニングで決まる。 どれほどの熱意を持って手術を学ぶか。 どれほどうまい外科医の手術を見るか。 川の水が流れるように基本手技を反復し、美しい最終術野を作る。