民間警護員の護身用具

こんにちは。


今回は、民間警護の護身用具の1つでもある「警戒棒」についてご紹介します。


まず、警戒棒ってどんなもの?

↓が警戒棒です

警護の護身用具

畳むとこんな感じです。

警護の護身用具

ちなみに、警戒棒の名称ですが、一般の方は「特殊警棒」とよく呼びますが、警備業では警戒棒と呼びます。

使い方によっては、他人に大怪我をさせてしまうものですが、あくまでも民間警護員は「護身用」としての携帯が許されているに過ぎません。


相手方を攻撃するための武器としての携帯は法律によって許されていないのです(警察のSPも似たような装備品を持っていますが、それは武器としての携帯が法律によって認められています)。

つまり民間警護員は、この警戒棒の使用訓練も警察SPのような武器としての使用方法ではなく、護身用としての使用方法を体得しなければなりません。


本学は、民間警護員を目指す学生も多く在籍しています。

このような護身用具の有効な使い方も授業で学びます。

護身用具である警戒棒を教える

護身用具の扱い方を学ぶ


最新記事

すべて表示

こんにちは。 ドクターXという人気医療系ドラマをご存知ですか? 主人公の女性外科医「大門 未知子」の活躍を描く作品ですが、ドラマ内に出てきたあるセリフが身辺警護にも共通すると思い紹介いたします。 そのセリフがこちら↓ 外科医の手術力は最初のトレーニングで決まる。 どれほどの熱意を持って手術を学ぶか。 どれほどうまい外科医の手術を見るか。 川の水が流れるように基本手技を反復し、美しい最終術野を作る。